今年の梅雨は梅雨っぽい梅雨だ。。。?

「今年の梅雨は結構雨が降るね」と言われました。
日本各地で大雨被害出てるんだから当たり前だろ、とも思いましたが、まぁ確かに体感的に雨が多いとも思います。

去年までと今年でどう違う?も少し具体的に。
「去年まではシトシト長く降ってる感じだったけど、今年は強い雨が多い感じ」
なるほどなるほど、確かにそんな感じもする。

でも、そんなこと言っときながら例年結構降っているんじゃ無いの〜?と軽く調べてみました。

 

データ抽出期間:6/9〜7/9の降水量(日単位)直近3年分
・降水量1mm以上の日を雨降った日とする
・降水量20mm以上の日を強い雨の日とする
・気象庁データを使用
・「去年まで」は2019年と2018年と比較していると仮定

【結果】

2018/6/9〜7/9 2019/6/9〜7/9 2020/6/9〜7/9
雨降った日数 12日 19日 20日
強い雨降った日数 2日 5日 7日
最大降水量(1日) 37mm 29.5mm 51mm
雨降った日の平均降水量 10.2mm 10.3mm 15.3mm

data

・・・まさかのその通り。
去年は雨降った日数が増えたけれども、今年は強い雨降った日数も増えていました。

私が20分ほどかけて確かめた感覚、直感で分かる人には1秒くらいで大枠判断できています。
将棋の有名な人も「直感は7割正しい」って言っていました。

私は自分の直感をあまり信じていないので、他の人の直感を信じて行こうと思います。

 

「なんか今年の夏って寒いよね〜」

・・・まだ言うか。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です