今回の分析と判断は実態と解離が激しいので当てになりません。

データの分析

新型コロナウィルスの感染者数が増えている現状で、どの意見、どの推測、どのデータを信じるのかは人それぞれです。

本当に分かりません、どれを信じたら良いのか。

信じられないのはどうやら、事実(であろう数値)と事実でない(意見・推測・不安)が混在しているから、だという事はなんとなく分かってきました。

なので数値データを元に、自分で分析をかけて、数値をどう読むかを決める必要がありそうです。

 

判断したい事

「日本には検査していない陽性者(コロナ感染者)が沢山いるのではないか。」

ここ数日での感染者数は増大しています。「これは、検査数が増えているからです。」と言う人もいますが、本当にそうなの?と思う自分もいます。

なので、自分なりの制限を付けて判断してみようと思います。

 

判断方法

日本の感染者数と死亡者数から死亡率を計算します。(感染者数は変数だけど、死亡者数は正確だろうと推定)

世界全体の感染者数と死亡者数から死亡率を計算し、日本の死亡率と比較します。

世界の死亡率>=日本の死亡率であれば、日本の感染者数は適当である。

世界の死亡率<日本の死亡率であれば、日本には隠れ陽性者がいると判断する。

※年齢による人口分布が違いますが、日本は高齢化率が高いので世界の死亡率と同じであれば良いとこなんじゃないかと判断。

上記判断を以下の3時点で比較する。

・2020年5月27日(日本の全国的な緊急事態宣言解除日)
・2020年7月1日(これは適当)
・2020年7月28日(直近)

日本の感染者数はこのサイト

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/

世界の感染者数はこのサイト

https://www.news24.jp/archives/corona_map/index.html

 

結果

比較結果は以下となります。

世界の死亡率 日本の死亡率 結果
2020年5月27日 6.73% 5.12% 日本の感染数は適当
2020年7月1日 5.04% 5.16% 日本には隠れ陽性者がいる
2020年7月28日 3.96% 3.10% 日本の感染者数は適当

 

・・・本当かよ、って自分でも思っちゃいますが、これも1つの結果でしょう。

日本の感染者数は適当だと、今回の分析からは判断できます。

 

結果を受けての推測

日本の直近2ヶ月(死者数が落ち着いている6/1以降)の死亡者数の増加数は102名で増加率は2日で3人(1日1.66人)です。

今後、日本の死亡率が3%〜4%で推移することを考えると、毎日41〜55人の感染者が出るって計算になって、・・・最近は感染数増え過ぎってなります。

ちなみに、直近2ヶ月での死亡率はガッツリ減って0.66%になります。

ん〜交通事故の死亡者数ですら過去最小の2019年が3215名で、1日平均8.8名ですからね。。

急激な感染者数の増加が発生すると救える命を救う機会がなくなってしまうと言う感じでしょうか。

だから全員家にいましょう。はちょっとダサいので、もうこの際、長期休暇を地域事に分散させちゃう、くらいの同じ期間に多くの人が動かなくなるデザインを考えた方が良いのでしょう。

 

と言う、最後の推測の部分を各々が「言いたい事」として世間に溢れまくっているのでしょう。

今回の分析と判断は実態と解離が激しいので当てになりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です